フォトアルバム

アクセスランキング

Powered by Six Apart
Member since 07/2008

« 淡路島の西海岸を走って | メイン | セロー フォグランプの取付 »

セロー ヘッドライトをLEDに換装

セロー250に残された不満はハロゲンヘッドライトの暗さ

夜間を走ることはほとんど無いですが山間部のトンネル内や日中のアピールなど

安全面を考えると明るいにこしたことはないです

G650GSに取り付けてあって売却時に外したHIDバルブがありますがバラスト等を取り付けるスペースがない

ネット検索ではスフィアライトLEDキットが取付されている方もいて(販売店の適合表にも掲載されている)

スフィアライトLEDはRnineTにも取り付けていて明るさは実体験済み

RnineTではヘッドライトケース内に収めるので発熱が心配でしたが今のところ不具合は出ていないし

 ⇒ その時の記事

と言うことでセローにもこのLEDを取り付けることにしました

それで購入しようと販売サイトを開くと新しいキットが販売されていたのでそちらにした

P2070001

スフィアLED・ライジング

消費電力20Wと言うのはセローにとってはありがたい

純正のハロゲンバルブと比べると消費電力が3分の1になります

交換するためにツーリングセローの場合はアドベンチャースクリーンを外さないとライトケースを開けません

P2070002

ライトケースはフェンダーと一体化しているのでフロントフェンダーの固定ボルトを外して前にずらせます

P2070004

LEDバルブはカラーの部分が外せるので取り外して

P2070003

外したカラーの部分を先にライトケースにはめ込んでから防水ゴムをはめます

この方式だと防水用のゴムカバーの穴を広げるために切除する必要もなく

セローの場合は無加工で防水ゴムが取り付けられました

P2070005

そしてLEDバルブを差し込んで回すとロックされて取付は終了

コントローラーと電源コネクタを接続して点灯テストを行い

P2070006

問題なく点灯したのであとは元通りにライトケース、アドベンチャースクリーンを取り付けて完了

しかし、ヘッドライトのバルブ交換にこれだけ手間が掛かるのですから

例えばバルブが切れても調達の容易なハロゲンバルブが良いとは言ってもね

出来れば明るく寿命も長いLEDやHIDに換装したいですよね

 

さて、光軸を見るとやや高いのでヘッドライト下にある調整ネジで光軸を下げようと回してみると

ネジは回るが、回した分、ネジの頭が飛び出してくる

本来ならライトの下部がネジを回すことで奥に収まって行かねばならないのに

どうやらLEDバルブのヒートシンク部がセローのキーユニットに当たっているようです

もう一度ライトケースを外していろいろやってみましたがダメでした

 

こうなればヒートシンクをフィンの一部を削って当たらないようにするしかありません

P2140004

放熱させるためのフィンですが少しぐらいなら大丈夫でしょうと自己責任で

P2140003

思っていたより削ることになってしまいましたが削ったことが

どれほど放熱機能に影響が出るのかは気になります

日が暮れて照射具合の確認

P2140001a

ロービーム 

ハロゲンに比べて、白く明るくなりましたが光が散っているような感じ

30m先は十分明るいですが、手前を照らす光が足りないみたいです

光軸をいっぱいに下げてこれですが右に光のまとまりがあるところは対向車にちょっと影響しそう

P2140002a

ハイビームはスポットとライトのようになります

LEDに交換してハロゲンより明るくなりましたが配光が良くないかな

でも、元々のハロゲンバルブの暗さは大きなストレスでしたのでまあ良いか

 

セローのヘッドライトが暗いと言うことで

それを補うための鉄板カスタムであるPIAA LEDフォグランプをゲットしているので

それを取り付ければヘッドライトで足りない手前部分をカバー出来て良くなると思います

本日はここまで、フォグランプの取付は次回に

 

【追記】

ブログ引っ越しました ⇒ こちら

 

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/353797/33724077

セロー ヘッドライトをLEDに換装を参照しているブログ:

コメント

初めてまして。同じくセローにスフィアのライジンクを昨日着けたんですが、ライトが点いたので軽るくライト周りを締めてやめました。暗くて分からなかったけど違和感を感じたので仕事の合間を見て色々と調べたらこちらに同じくライトを着けてたので参考になりました。
ライトのフィンを削るんですね。参ったな
明るくなればいいけどすけど。

こまつさん
記事にあるようにフィンを結構削らないとライトの調整が出来ませんでした
削っていますが猛暑だったこの夏のツーリングでも支障はなかったです
あと、配光と言うか光がちょっと散る感じでがこれはどうしようもないです
手前を広く明るくという事でしたらPIAAのフォグはちょうどいい感じですね

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。