フォトアルバム

アクセスランキング

Powered by Six Apart
Member since 07/2008

« 2016年1月 | メイン | 2016年3月 »

2016年2月

あわしまさん

2月28日

28日は普通なら2月の最後の日なのですが今年はうるう年なのでラス前

朝は冷え込みましたが10時になると晴天のぽかぽか陽気になりました

この陽気に誘われてnineTでちょっと走ってきました

南紀方面は南部の梅で混雑しているかも知れないと加太方面に向かいます

P2280012

県道から加太の町中にある千田本家さん

大正時代創業の「よむぎ餅」、千田本家さんではよもぎ餅じゃなくよむぎ餅とありました

幼いころ加太に磯遊びに連れってもらった時は必ず買って帰った、なつかしいお餅です

P2280004


続きを読む »

タブレットもXperiaに

私はスマホとタブレットを使っています

スマホはXperia SO-04Fと言うスマホにすれば携帯しやすい小ぶりのモデル

タブレットはその小ぶりのスマホを補い、かつ持ち出しやすい7インチモデルのAQUOS PAD SH-06Fです

このSH-06Fはプライベートの所有でYouTubeやdTVの動画サイトも見るのですが

視聴中に突然シャットダウン、そして再起動すると言う症状が時々出ていましたが

最近は頻度も多く、10分のYouTubeの動画を見る間に2回もその症状が出たりすることもあります

本体をリセットしてみましたが症状は無くならず、視聴時に出た時はイライラしていました

 

しかし、それがいつも起きるのではなく

不具合を見てもらおうと店頭に持ち込んでも肝心のその症状が出なくて

機械的な故障ではなくインストルーしたアプリとの相性もあるとか曖昧な返事しか返ってきません

あと5ヵ月で分割払いも終了するのでその時点で新機種に買い替えしようかと思っていたところ

「下取プログラム」なるサービスがあるのを知って問い合わせてみた

買い替えを念頭に今持っている機種によって下取が可能と言うことでSH-06Fは最大16,000円らしい

分割払いが5ヵ月残っているので、下取額はその金額とほぼ同じくらい

解約手数料なども要るだろうが大した負担もなく新しいのに買い替えられそうとドコモショップへ向かった

買い替えた機種はこちら

続きを読む »

RnineTの特別仕様車って

Ninets

RnineT、100台限定のスペシャルエディションが発売されましたね

でも、ん・・・

RnineTはBMW Motorradの90周年を記念した記念モデルじゃなかったの?

RnineTは既存のモデルに90周年記念特別装備を施したバージョンじゃなく全く新しいモデルだった

私はこのRnineTが空冷ボクサー最後のモデル

数量限定のプレミアムモデルと、そう思っていた

その思いもあって発売前からディーラーに確保をお願いしていた

ところが発売から2年が経とうとして、今回は特別仕様車の100台限定発売

さらに海外ではスクランブラ―タイプなるものまで発売さるようです

 

「これじゃ、通常生産モデルじゃないか」 私の勝手な思いだったかも知れません

カスタマイズが出来ることを開発のコンセプトとしているのはいいことだと思っています

だから、その為のパーツが販売されるのもいいことだと思います

でも、ディーラーが自らスペシャルエディションを販売するのは首を傾げたくなります

確かに90周年記念モデルだが、台数限定モデルとは言ってなかったですが

オールドバイクを踏襲した希少なモデル、そう思ったユーザーさんも少なくないと思いますよ~

 

RnineTは私もお気に入りのバイクです

このバイクを批判してるんじゃないです

確かに人気があるモデルなので売れ筋を販売し続けたい企業の思惑も分かりますが・・・

特別仕様車の発売を喜べない  そんな私でした

初めてのトリミング

写真の事じゃないですよ、トイプー達が初めてのカット(トリミング)に行ってきました

Photogrid_1456050099455

もうすぐ4カ月を迎えもじゃもじゃ状態

私は柔らかくてカールした毛が撫ぜると手触りが良くて気に入ってたのですが

2度目のワクチンも終わって3週間が経ちましたので綺麗にしてもらってきました

Photogrid_1456199400455_1

ビフォワー(左)、アフター(右)です

続きを読む »

播州での休日 道の駅みつで牡蠣をいただく

2月21日の続き

姫路城の駐車場から約20Km、道の駅みつに向かいます

R250号に出るまでクルマの流れが悪くて思ったより時間がかかり

到着したのは予約していた12時の5分前

車は満車で臨時駐車場に誘導されましたがそちらもほぼ一杯になって来てました

Dsc_2878

播州まで出掛けて来た目的は姫路城と牡蠣のBBQ

ここの牡蠣小屋(BBQ場)は予約が出来るので3日前に予約をしておいたので待ち時間はゼロ

牡蠣で有名な坂越にある海の駅しおさい市場の牡蠣小屋は予約が出来ないので当日並ぶ必要があります

この時期だと結構な待ち時間になるので予約が出来る道の駅みつにしました

牡蠣と海鮮の盛り合わせで一人前2,200円(別途 テーブル1つの炭代が500円)ふたりで合計4,900円

食事時間は2時間です

続きを読む »

播州での休日 姫路城

2月21日のこと

P2211497

世界遺産姫路城

2年前にツーリングで訪れたことはありますがその時は大天守が大天守保存修理事業中でした

大天守の外側に足場が組まれて全体がカバーですっぽりと覆われて大天守は外から見えません

その代わりに見学用通路から外壁や屋根の修理などを眺めることはできましたが

でも、白亜の城、白鷺城を見てみたい、天守にも登ってみたい

 

いつものことながら第三日曜は孫のお守をしなくていい休日

紀美野のカフェでランチするつもりでしたが天気も良くなってお出かけ日和と言うことで

行き先を変更して姫路城&牡蠣ツアーに出掛けて来ました

続きを読む »

腕時計の電池交換

Img_0924

この時計、お気に入りでしたが電池切れのまま、もう2年ほど置いたままでした

勿体ないので電池交換をしようかと思って

和歌山にも海外ブランドを扱う有名店もあるのですが保証書がなきゃ扱えないとか

正規ディーラーで販売したモノじゃないとダメだとか

ネットで気軽に電池交換をしてくれるところを探すと結構ありましたが

電池交換だけなら数千円ですが往復の宅配料金が嵩むので迷っていると

「和歌山、時計電池交換」で検索すると何軒かヒット

その中に岩出市の時計修理店がありました

近くなので持ち込んで診てもらうと「電池交換は二千円、消費税込み」と格安

電池切れで放っておいたので交換しても動くかどうか心配でしたが

10分程店内で待っていると

「大丈夫ですよ、動きました」と

IWCはしっかりと作られてますがクウォーツのムーブメントも自社モノで壊れると高くつきますとのこと

このモデルは生活防水なので水密検査も不要

電池交換だけで元気に動き出してくれました

続きを読む »

セロー フォグランプの取付

P2140006

セロー、カスタムの鉄板アイテムを昨年秋に手に入れていました

品名はフォグじゃなくて正しくはLEDアシストランプと言うようです

取り付けるタイミングが中々なくて

天気が良ければバイクで走りたいし

そう思っている間に寒くなってガレージ作業は億劫になって延び延びになってました

 

ヘッドランプをLEDバルブに交換した結果、不足している手前の配光を補うために早期取付が必要になり

夜半からの嵐のような天気が明けた2月14日バレンタインデー

晴れはしませんでしたが南風の影響で気温は20℃まで上がって暖かかったので交換することにしました

続きを読む »

セロー ヘッドライトをLEDに換装

セロー250に残された不満はハロゲンヘッドライトの暗さ

夜間を走ることはほとんど無いですが山間部のトンネル内や日中のアピールなど

安全面を考えると明るいにこしたことはないです

G650GSに取り付けてあって売却時に外したHIDバルブがありますがバラスト等を取り付けるスペースがない

ネット検索ではスフィアライトLEDキットが取付されている方もいて(販売店の適合表にも掲載されている)

スフィアライトLEDはRnineTにも取り付けていて明るさは実体験済み

RnineTではヘッドライトケース内に収めるので発熱が心配でしたが今のところ不具合は出ていないし

 ⇒ その時の記事

と言うことでセローにもこのLEDを取り付けることにしました

それで購入しようと販売サイトを開くと新しいキットが販売されていたのでそちらにした

P2070001

スフィアLED・ライジング

続きを読む »

淡路島の西海岸を走って

2月11日 淡路島に渡るの続きです

大鳴門橋記念館で念願だったオニオンビーフバーガーを食して出発

Dsc_2846

駐車場に戻るとマスツーのグループさんのバイクに囲まれていました

その中に水冷、空冷のアルピンホワイト仕様のRTが並んでましたよ

この後はバイクに車に観光バスがドンドンやって来て第一駐車場は満車状態に

早めに来てよかった~

 

このあとは淡路島の西側の海岸線を北上して帰ります

高速道路で南淡まで走って来て帰りは西側の一般道を戻る

言わば淡路島半周です

淡路島を一般道でぐるっと一周すると結構時間がかかりますからね

続きを読む »